冷却水の液漏れ


去年の夏にエアコンが壊れ、エバポレーターを交換しました。
今度はどうも最近、ヒーターの効きが悪いのに気がつきました。
しかし、それほど体感的には「悪いかな?」程度だったのでほおってお
きましたが、他のオーナーもエアコンで悩んでいて、自己診断で調べて
も異常無しとの情報、私も一度、ベルノにて点検を行ってもらいました。

メカニックの方に見ていただくと、どうやら冷却水にエアーが入っているとの事。
メカニックの方が言うには、エンジン停止後に「ボコッボコッ」と水の音がすると
言ってました。確かにそんな音がしているのは気が付いていました。
通常はその様な音はしないそうです、原因はラジエーター上部のホースの劣化
のようです。



ラジエーターに差し込まれているゴムホースに不凍液がにじみ出ているのが
わかります、また、液漏れしたものがラジエーターに滲み蒸発した痕跡が見て
とれます。
ラジエーターには異常は無かったので良かったです。
漏れはこのホースのみですが、NSXの場合、フロント部に2本とエンジン部に
2本のホースがあります。後日その他のホースから液漏れしても困るので、4
本すべてのホースを全取替えしてもらう事にいたしました。
不凍液はほとんど全部入れ替えで、エアー抜きに1日がかりとなるそうです。
幸いにも他の車が家にはあるので、「何日かかってもいいです、ゆっくりやっ
て下さい。」と言うのが、私のいつもの言葉です。

部品を発注して来たので、後日取替えを行います。
取替えを行いましたらまたレポートいたします。直るとイイナ・・・。


ホース交換が終了しました。