HDDナビゲーションシステム HDD増設


AVIC-H99には、音楽CDを再生するだけで
内蔵HDDにMP3形式でデジタル録音する
ミュージックサーバーという機能があります。
録音後は音楽をハードディスクから再生するため
聴きたい曲を瞬時に呼び出すことが出来ます。
ただしデータはハードディスク上の空き領域に
保存するため、あまり容量がなく、CDが約20枚で
満杯になってしまいます。
そこでこのナビはようにHDDが増設出来ます。
増設用のHDDとしてカロッツェリアから「ND-HD10」が
発売されています。容量は10GBで値段は29,800円です。
これを増設することでCDが約150枚まで
録音出来るようになります。
増設用のHDDは東芝製で型番は「MK1016GAP」です。
市販品との違いはHDD表面の材質を変更して耐振動性能が
向上しているらしいです。
いかんせん10GBで29,800円はちょっと高いと思います。
そんな訳から私はPC用の市販品を利用する事にしました。
ネット上では色々と情報を入手出来ます。
今の所、40GBまでは平気そうなので私も40GBを増設する
事にしました。注意点ですが一度ナビに装着するとHDDに
パスワードがかけられPCでは認識しなくなります。
つまりナビと共に心中させる事になります。



それではHDDの増設です。

以下の工程をご自分で施行する場合は
必ず自己責任にてお願い致します
また、このHPをご覧になり、HDDの増設をして、
ナビを破損させても当HPでは一切責任は
負いかねますのでよろしくお願い致します。

ご理解いただいた方のみ、ご覧下さい。
現在のHDDの容量です。
既に半分くらい使用してあります。
ミュージックサーバーにはCD約20枚ほどは入るそうです。
今回スレーブ側に装着予定のHITACHI
2.5インチ HDD 型番:HTS548040M9AT00
もちろんバルク品。
40GBで通販で送料込みで8,000円強。
しかし、数年前に比べると安くなったものです。
NAVI に入れるとHDDにパスワードがかけられ
PCでは認識しなくなります。
まずは、当然ですが、バッテリーの端子をはずします。
ちなみにマイナス端子ですヨ。
AVIC-H99(本体)
AVIC-V77MD(モニタ)
AVIC-H99のパネルをはずします。
道具はいりません。
つづいて、HDDのカバーの
二つのネジをはずします。
このパネルのネジはEリングになっているで、
紛失防止になっている。
もともとマップのバージョンアップでは、
素人がこのパネルを開けなくてはならないので、
こんな対策がされているのでしょう。
もう一枚カバーがあるので、
4箇所のネジ(Eリング付き)をはずします。
やっとHDDが取り出せます。
中央の黒いテープは取り出しのための物。
黒いテープを多少左右に揺らしながら、
引っ張りだすとHDDがコネクタから抜けます。
取り出したマスターHDD。
一度HDDに装着されているプレートをはずす。
4箇所のネジは多少硬かったので舐めないように、
注意しましょう。
MK1016GAPです。
バルク品で9,000円ほどですね。
このHDDはナビ用に対策されているものらしい。
左:増設用 右:純正品
引き抜き用のテープを装着。
(透明で見にくいですネ。)
先ほどはずしたHDDのプレートに、
スレーブ側のHDDを裏返しで乗せます。
(もちろん固定していません。)
上のコネクタはマスタ側。
下のコネクタがスレーブ側。
左右にガイドレールが二列あります。
先ほどのHDDプレートと、
スレーブ側HDDを裏返して、
ガイドレール下段に丁寧に挿入する。
今回一番難しく、重要な工程です。
ゆっくりと確かめながら挿入。
奥までプレートは届かないと思います、
後はHDDだけ慎重に押し込み、
そして確実に装着します。
何度か引き抜いたり装着したりしましたが、
特に失敗してHDDがズレてしまったような事は、
一度もありませんでした。
実は以外に簡単に装着出来ました。
色々なHPを拝見すると難しそうな感じを受けますが、
あっさりと入ってしまった感じで拍子抜けです。
スレーブ側のHDDにガタツキ防止の為、
スポンジテープを挟み込みました。
上側に先ほどはずしたマスター側のHDDを
組み立てて挿入します。
パネルを元に戻し、
バッテリー端子を接続しなおします。

この後、エンジンをかけます。
わかっていると思いますが、
増設HDDを刺し違えていると、
一発でナビのヒューズが飛びアウト!!
数万円?の出費とか・・・。
覚悟を決めましょう!!
私の場合。問題なくナビが起動しました。
増設HDDの装着OKって事ですね。

画面通りに、リモコンの「現在地」を押します。
するとHDDをフォーマットしだします。
バッテリー上がり防止の為、
アイドリングしたままにします。
途中でナビの電源が落ちたらどうなるかわかりません。
フォーマットはすぐに終わります。
ファイルを整理中の画面になります。
しばらくそのまま待ちます。
その後、この状態がしばらく続きます。
勝手にマスター側からファイルを
スレーブ側にコピーします。
HDDの容量にもよりますが、
数分時間がかかります。
今回の増設で50GBになり、
空き容量が98%になりました。
事実上、私の場合はこの空き容量なら、
容量不足で心配する事は無いと思います。


現在のナビの主流はHDD。もちろん性能ではDVD-ROMでも
ほとんど問題ないのは事実です。しかし、いままでナビでは出
来なかった事をHDDナビはやってくれます。
今回はカロッツェリアのHDDナビの性能を満喫する為
増設HDDで容量をアップさせました。
ミュージックサーバーの充実を図った訳です。
今では車にCDを積む事は無くなりました。
一度CDを再生すればMP3に変換し、ミュージックサーバーに
格納してくれるからです。実はこの機能は使ってみるととても
素晴らしいと気が付きます。
ただ、純正の容量のままだとこの機能も半減。
やはり増設HDDは必須ですね。
私は純正10GBのHDDは使用せず、PC用のHDDを装着しました。
パイオニアでは純正以外使用できないと表記していますが、
今回はまったく問題なく使用できました。
中には使用出来ないHDDもあるそうですが、その辺はわかりま
せんので、ネットなどで情報収集しトライする方が良いでしょう。
私が興味あるのは、いったい何GBまで認識できるのか知りたい
です。もともと今現在も空き容量はわかっても何GBなのかは
わからないですね。ひょっとしたら40GB認識していなかったりして。
それから非純正品を装着し、ナビ本体が故障した場合、保証対象外
となりますので、くれぐれもご注意下さい。
あくまでも、全て「自己責任」として施行する事をお願い致します。



おしまい。