マフラーの汚れを研磨する



以前、ホンダ栃木研究所の工場見学に行ったとき、
研究所の方が私のNSXのマフラー周りを見て、「綺麗にしてますね、
この様に乗っていただけると私達も、とても嬉しいです。」と、言われた事がありました。
「これはイカン!」綺麗にしなくては・・・。そんな訳で、マフラーに輝きを戻してみました。

マフラー出口は、汚れが焼きつき輝きも失っている。
トホホ・・・。
サンドペーパーで焼きついた汚れを削り取る。
なるべく均等に削りとる方が良い。
サンドペーパーの目の細かいものや、耐水ペーパー
で少しづつ削る。
その後「ピカール」を布に付けひたすら磨く。
これが「ピカール」です。
ホームセンターなどで300円ほどで売っています。
家庭に1缶あれば、金属、プラスチック等に使用で
きます。
別の角度で。
水洗いで落ちる代物ではありません。
「磨き」は、手の往復運動に比例して輝きを増します。
これで、リアビューが引き締まります。
※メンテナンスを行う場合は自己責任でお願い致します。
  当方では一切の責任は負いかねます。