ドリフト練習会

富士スピードウェイ ジムカーナ場 2003年11月24日



前回筑波で開催されたドリフト練習会(ドリ練)が
今度は富士スピードウェイにてまたまた開催されました。
今回も主催はKSP。
前回に引き続き、フェラーリの方々も参加してのドリ練となりました。

今回のジムカーナ場は新設された場所。
しかも電気も水道も無いところです。
唯一、仮説トイレだけは完備されています。

今回も助手席に1本、トランクに1本とリアタイヤを積み込み富士に向かいました。
やはり1日遊ぶにはタイヤは無いと思い切り楽しめませんね。
さて、富士ってどんなアクセスが良いのだろう?
東名・中央高速、どっちがいいのかな?
行きは道も空いているので東名で行きました。
途中、海老名SAで車楽さん兄弟。UTMさん。UTMさん友達さん。
yoko2さん。MINAMIさんと助手席さんと待ち合わせていませんが合流です。
せっかくですので、みんなで富士に向かいました。

さて、ジムカーナ場には水道も無いくらいですから、
まさかレストラン、ましてや自販機なんてありません。
忘れてはいけない、食事を買出しして行きました。

現地に着くとすでにブリーフィングが開催されていました。
本日も沢山の参加者と見学者の方がいます。

こちらのHPでもおなじみのT.Sさん夫妻・DUNEさんが見学に来られていました。
今回はあまり写真撮影していません。
写っていない方が居ましたらごめんなさい。
気が向いた時しか撮っていませんでした。(笑)
さて、ここはピット。順番待ちです。
筑波とは違い、一度にコースへ出走できるのは、
3台〜4台、かなりの待ち時間短縮です。

山間にあるコース、曇りでとても気温は低いです。

奥の高台にある緑のボックスが仮説トイレです。
白のType-Sはごんさん。
初めてお会いしました。
kon2さんです。
遠く三重県からご参加です。
ブルーのType-Sカッコイイです。
ごんさんです。
最初は定状円旋回をしますが、
まともに回りません。
今回もESPERさんは豪快にロールしながら
ドリフトします。
いやーっ、お互い暗くなるまで走りこみましたネ。
こちらはhitoさん。
ノーマルデフは内輪が浮いてトラクションがかかりません。
ドリフトに持ち込むのは難しそうです。
車楽さんは今回も参加です。
安定した定状円旋回を決めています。
さすがですね〜っ!!
watanabeさんは急遽本日のドリ練までに、
車を仕上げました。
相変わらず、上手です。
今回はかっちゃんも参加です。
どうやら講師にデモ走行を依頼したようです。
先生はとても楽しい人です。
気軽にデモ走行をしてくれ、
教えてくれます。

助手席のガラスが少し降りています。
これは、スキール音や排気音などを聞くため少し開けます。
音を聞きながらスライドさせるのが調子をつかみやすいです。
こちらはhitoさんです。
助手席に座っています。
どうやらドライバーは愛さん。

愛さんは急遽ドリ練リタイア。
原因は・・・。

何でしょうね。証拠写真撮り忘れました。(笑)
かっちゃは物凄い練習量です。
こんなに練習熱心な人だったんだ?
と思いました。

しかし、この後大変な事が・・・。
前回の筑波でもご一緒のレインさん。
今日は中々苦戦中のようです。

僕もですが、筑波とは違い、難しいと思いました。
kon2さんはジムカーナ屋さんのようで、
すぐにコツをつかんだ感じです。
こちらも初参加。yoko2さん。
しかし、すぐコツをつかみくるくる回ります。
回りだすポイントみたいな場所にうまい具合に
入ると、くるくると楽に回れちゃいますね。
しかしこのRに旧NSXホイール、初めて見ました。
UTMさんは体調不良。しかし、走りは元気そのものです。
お大事にして下さい。
TYIZさん号をkon2さんが運転かな?
そうとうTYIZさん号がお気に入りのようです。

私も何度もTYIZさんに乗っていいよ!!
と言われましたが、いまだ乗った事ありません。
だって、乗っちゃうと色々やりたくなっちゃいますから・・・。
午後に入るとまたまた雨が・・・。
でも、タイヤ減らないからヨシヨシ!!
今回もNSX以外にFD、シルビア、MR-Sなど参加です。
こちらのFDはUTMさんのご友人さんかな。
フェラーリは難しそうです。
355チャレンジでしょうか?
え〜と、360でしょうか?
間違えていたらごめんなさい。
このホイールベースだと、難しいでしょうね。
こんな車を持ち出すなんて、凄いです。
随分路面は濡れています。
とても滑りそうです。
ごんさん、完璧な定常円が完成されています。
凄い進歩です。こうなるととても楽しいですね。
みなさん上達が早いです。
出走待ち。
yoko2さんのRと、かっちゃん号ですね。
色々チューンし300ps以上出ているESPERさん号。
聞いてしまいました。「何で、ノーマルの足なんですか?」
答えはお金が無いとの事です。実にシンプル。
そのESPERさん号。
なんとバルクヘッドのカバーが一部カーボン製。
もちろん自作だそうです。綺麗ですね。
安価なので試す価値はありますネ!!
オーディオレスなので、カーボンでカバーです。
ESPERのステッカーが良いです。
みなさんご存知でしょうが、ESPERとは、
V-MAXで有名なESPERですね。
HPはこちらですネ。
再びコースに戻りましょう。
yoko2さんは完璧です。
しかし、この後やはり大変な事が・・・。
MINAMIさんがyoko2さんのリアホイールナットの緩みを
締めなおします。何故か緩んでしまったようです。
リアホイールナットが緩んでいたまま走行した為、
ボルトに負荷がかかり折れてしまいました。
しかし良かったですね。スペーサーが入っていたので、
取り外して無事帰宅出来ました。
あれっ?撮った覚えないけど?

レインさん撮影のようです。
レインさんありがとう。
しかし、この車高はどうにかしたいな・・・。

こんな感じで一日ドリドリ・・・。

暗くなるまでみんな走りこみます。




編集後記

今まで筑波サーキットで開催していたドリ練。
今回は初めての富士スピードウェイで開催です。

このジムカーナ場は筑波より広く走るのにはとても良いです。
しかし・・・。
設備がどうしようもないです。
仮説トイレこそありますが、
水道設備も何もありません。
まあ、単なる山の中に作ったコースだからしょうがないですね。

それと皆さんの写真を撮りきれませんでした。
やはり、待ち時間が少なかったのも原因かな?

このドリ練。来年も開催する予定らしいので、
また、是非参加したいですね。

今回見学だった、T.Sさん、DUNEさん、今度は一緒に楽しみましょう。
































おまけコーナー

そう言えばどうも静かだなと思ったら、かっちゃんが居ません。
ふと、車を見ると寝ています。

気分が悪くなり、大変だったみたいです。
実は僕も自分でくるくる回って気持ち悪くなりました。
一度経験するとわかりますが、
とても助手席に乗り続ける事は出来ません、
それほどドリフトって変なGがかかるのです。

お大事に。