ガレージ内のWi-Fi用アクセスポイントを設置

投稿日:

20190829_001.jpg

ガレージ内にWi-Fiを設置したいと思います。自宅のWi-Fiを掴まない訳じゃないけどやはり電波の強さが弱いので別にAP(アクセスポイント)を作ります。何故Wi-Fiが必要かと言いますとやはり作業する際に様々なネットの記事を参考にしますのでスマホやi-Padで見たいんですよね。後はパソコンも使用できれば文句なしですよね。まだやった事は無いけどGuestのWi-Fiも飛ばせれば友達と遊んでいる時もみんなで利用できるのでいいかなと思います。APと言っても特別良い物では無く、今は使用していない古いWi-FiルーターをAPモードにして使用します。

20190829_002.jpg

あらかじめ母屋とガレージをPF管で接続しLANケーブルを引っ張ります。これは外構工事中に埋設したものです。

20190829_003.jpg

紫外線や風雨による劣化が怖いのでPF管を使用します。距離にして正確には計っていないけど25m~30mくらいのケーブルになっちゃたかな。LANコネクタはPF管に通線後、自分で専用ペンチを使い取り付けます。LANケーブルとコネクタ、ペンチがあればいつでも好きな長さのケーブルが作れるのでとても便利です。PF管の通線は通線ワイヤを使用し通線しました。この通線ワイヤがあるとPF管、CD管の通線はとても便利です。針金やスズランテープをCD管の反対側から掃除機で吸って通すなどやったけど専用のワイヤには負けます。通線ワイヤは直進性が強いので簡単にスルスル入ります。針金だとそうは行かないですね。結局は時短になるし1本あっても損はしないかな。確か長さは15mで送料込みで2,000円ほどだったと思います。

20190829_004.jpg

PF管からモールで壁沿いに立ち上げました。

20190829_005.jpg

そのまま上へと設置し、2階の床くらいのレベルまで持っていきます。

20190829_006.jpg

このモール。実はカラーがホワイトでした。焦げ茶っぽいのが無くてホワイトを購入し、茶色のスプレーで塗装しています。スプレーも安いスプレーは茶色しかなくて。色々と妥協しています。

20190829_007.jpg

そのまま90°左に曲げます。割と綺麗にできました。

20190829_008.jpg

そのまま屋内へ。

20190829_009.jpg

短いけどケーブルむき出しが嫌だったので保護をしました。これでガレージと母屋がLANケーブルで接続されました。PF管がまだ埋設されていないのでもう少し気温が下がったら穴を掘り埋設するつもりです。

20190829_010.jpg

今回通線ワイヤが活躍しました。この通線ワイヤは保管するのに収納ケースがあるけど高価なので私はPF管の切れ端を使用し綺麗にまとめています。まあ、毎日使う物でもないし私の場合はこれで十分です。思ったよりも綺麗に収まるし収納も結構簡単にできます。専用の収納ケースはもっと簡単に使用できるのかな?使った事が無いので不明です。

ところで今回の25mのLANケーブルってデータ損失というかそもそも速度は遅くなるのか?多分大丈夫ですね。会社だと100mとか引っ張っている場合とかあるだろうし...。屋外をPF管を通し引っ張るのでケーブルの損傷などの確率は低いかな。ノイズに関しては庭に埋設するので考えられるノイズは思いつかない。せいぜいエアコンの室外機、給湯ボイラーなどのそばを通るくらい。雷の落雷に関しては心配ですね。