スマートガレージKIT取り付け①

今回は実際にスマートガレージKITを取り付けます。

20191005_005.JPG

まずはともかくセンタープーリーカバーを外す。考えた事が無かったけどこのカバーにシャッターが巻き付く感じでシャッターが巻き上がるんですね。上手くできています。それから今回のシャッターはまだまだ新しく軽々操作できるのでとくに何もしないで取り付けられます。重くなったシャッターなどはメンテナンスし操作を軽くしないといけないようです。目安はシャッターを片手で軽く上げ下げできる様でなければならないようです。

20191005_006.JPG

センタープーリーがあらわになりました。これからの作業はほぼこの周辺の作業です。なので工具の他、小さい脚立などがあるといいですね。できれば脚立周辺に物が置ける台などあれば作業効率アップです。もちろん床に置いてもいいので無くてもOKです。

20191005_007.JPG

ここで説明書にはシャフトにプーリーから48mmの場所に貫通穴を開けると書いてあります。YouTubeでも取付けした方がいて同様に言っています。計測し穴あけしようと思いましたがどうも説明書をよく見ると部品を組んで現物合わせみたいに書いてある。どうして?わからないけどじゃあ現物合わせで行こうと思い。計測はしたものの穴あけはしませんでした。

20191005_008.JPG

まずは支持プレートを取り出します。後でもわかるのですが部品制度はとても良いです。切り欠きがありますが段差やズレは無いです。それと強度もあります。

20191005_009.JPG

下が支持プレートで上が内歯ギヤです。これを組んで行きます。内歯ギヤはさらに厚みがあり、しっかりした造りです。

20191005_010.JPG

二組をこんな感じで組んで行きます。この造り、わざわざ半円にしているのはシャッターのメインシャフトを外さずに組むための策です。単純ですがこれを商品にするのはかなり大変だったのではないかと思います。なんせボルトで止めるとズレもなくちゃんと円状になるんですから。

20191005_011.JPG

順調に行くかと思ったら...。ここで支持プレートとセンタープーリーをボルト止めするのですがどうにも支持プレートがセンタープーリーに止められない。どうやら赤〇のボルトが支持プレートに干渉する。今日はこれで時間切れなのでとりあえずシャッターが開閉可能なのでセンタープーリーカバーを戻し終了します。