NEW FIT 世界初披露

第46回東京モーターショー2019 [The 46th Tokyo Motor Show 2019]が本日より始まりました。本日はプレスデーと言うことでプレスの方しか入れないのですが、そこでホンダのNEW FITが世界初披露されました。世界初と言うことで海外の記者の多い事。私はプレスカンファレンス30分前から席についていました。

20191023_001.jpg

そんな訳でド真ん中です。NEW FITはまだベールに隠れています。ホンダは大人気で後ろの方は一杯だったようです。ともかく外国記者の多い事。6割くらいは外国人?と思うほどです。

20191023_002.jpg

八郷代表取締役社長の登場で始まったプレスカンファレンス。ホンダは今後3分の2をモーター化するとのこと。モーターを積まない車は3分の1になるんですね。

20191023_003.jpg

そしていよいよNEW FITの登場です。

20191023_004.jpg

ついにベールを脱いだNEW FIT。ヘッドライトは細目から大きな目に戻った感じですね。ボンネットの長さの半分以上の長さがあるのでFIT2の様な大きな目ですね。デイライトも組み込まれ今時の仕様です。スタイルは見慣れるまでちょっと時間かかるかも。一日見ていると見慣れて来ましたけど。あとFITで運転中に気になるAピラーが細くなっています。異様に細いです。つまり視界は良くなっています。その分Bピラー?ドアミラーから上に向かっているピラーは極太です。これは異様に太いです。

20191023_005.jpg

全体的におとなしくなったスタイルに見えます。このFITはHOMEと言うランクです。実は内装が綺麗で良い感じなんですよね。

20191023_006.jpg

ハイブリッドエンジンも用意されています。NEW FITはe:HEVを初搭載。ホンダのハイブリッドエンジンのi-MMDを基本にさらに進化させたものと思えます。詳細は発表されていませんが2モーターのハイブリッド方式です。普段の走行ではほぼモーターによる走行になりそうです。エンジンは発電用。高速道路ではエンジン駆動になるのかな。ノートe-POWERと違うのは発電用エンジンだけではなく、ちゃんとスピードなどを要求される場合はエンジンが車輪を駆動させる点でしょう。スポーツハイブリッドと言えるのはこの辺の事でしょうね。

20191023_007.jpg

NEW FITは全5種類がラインナップされています。世界的に人気あるFIT。欧州ではJAZZですね。やはり売れるんだろうな。

モーターショーの模様は今後何回かに分けてアップする予定です。今日はこの辺で終わりにします。さすがに疲れました。