第46回東京モーターショー2019 [The 46th Tokyo Motor Show 2019]⑫

20191102_001.jpg

本日(2019年11月2日)、再び東京モーターショーに来ました。今日は快晴です。こちらは有明会場の東京ビックサイトのメインゲートです。凄い来場者です。時間は10:00を回ったところ。本日は10:00会場です。周りの駐車場も満車。結構遠くだけど駐車できたから良かった。ただ、ここまでは歩いて15分はかかったかな。

20191102_002.jpg

一般公開日に来るのは久しぶりです。メインゲートなど再入場の際も持ち物チェックもしている様です。なので凄い混雑ですね。私は申し訳ないですが出展者・PRESS入り口(赤〇)から入場させていただきました。持ち物チェックも無しですね。

20191102_003.jpg

プレスセンターがある会議棟の6階に続く長いエスカレーターですが今日は人が居ません。いつもなら関係者やプレスの人が常に行き来をしています。プレスデー以降はプレスセンターも縮小しています。プレスもほとんど来ないですからね。ほぼ初日に仕事は終わりにしていますね。

20191102_004.JPG

プレスセンター内をちょこっと。モザイクをかけさせていただきます。これがプレスデーだと規模的にはこの20~30倍の広さですかね。今日はゆったりできます。コーヒーも飲めます。ペットボトルの水をいただいて会場に行きましょう。インフルエンザとか怖いから常に水を喉から流し込みながら会場に行きます。

20191102_005.jpg

プレスセンターからすぐの西展示場のホンダブースに来ました。凄い混雑です。

20191102_006.jpg

一般の方の後ろに並んでNEW FITの運転席に座りました。ワールドプレミアの際にも思ったのですが内装が良くなったんですよね。これはFIT HOMEです。

20191102_007.jpg

助手席側

20191102_008.jpg

ナビは大きめです。多分、オプションの最上位機種になるのかな。エアコンなどのスイッチはタッチパネルではなくダイヤル式です。

20191102_009.jpg

今までの様にドリンクホルダーはここにあります。

20191102_010.jpg

ドアスイッチ付近。

20191102_011.jpg

シフトレバー。パーキングブレーキはスイッチ式になりました。ブレーキホールドも付きました。

20191102_018.jpg

FIT NESSのリアシート。今回はシートも良くなっています。座り心地も「心地いい」。

20191102_019.jpg

FIT LUXEの助手席シート。

20191102_020.jpg

豪華に見えます。位置づけもラグジュアリー仕様ですね。LUXEの名前の通りです。

20191102_012.jpg

女性がバックを置けるスペースですね。これは便利かも。

20191102_013.jpg

オペレーターのスイッチとSOSのスイッチがあります。これはNEW FITから搭載するコネクテッドサービス「Honda Total Care プレミアム」のスイッチでしょうか。このサービスは面白いと思います。ランニングコストはどのくらいになるのでしょう。

20191102_014.jpg

メーターはモニターです。こう見ると、新車価格は今までのFITでは考えられない程の高さになりそう。

20191102_017.jpg

センターコンソールの後部にはUSBコネクタが2個。

20191102_015.jpg

そしてなんと言っても今回のFITは視界です。

20191102_016.jpg

Aピラーが細くて死角が減りました。これは運転しやすいですよね。

20191102_021.jpg

ホンダブースにはベンチがあって座れます。そこにあったのがこんなクッション。

20191102_022.jpg

良く見るとタグにFIT NESSと。内装と同じ生地のクッションです。これ、今日気づきました。考えてみるとプレスデーは外国人がたくさん座っていたから見えなかった。今日は人が多いのに座っている人が少ない。

20191102_023.jpg

そのベンチの後ろには蓄電機があり、USBコネクターがありました。これをみんな占有していたのか?国民性なのかわからないけど今日は一本も充電している人いないし。この蓄電機は災害時だけでなく普段から一個あると便利かも知れません。

20191102_024.jpg

子供連れのファミリーや、カップル、女性同士など男性以外の方もとても多い気がします。

20191102_025.jpg

歴代CBのブースですが見えないし...。

20191102_037.jpg

モータースポーツはもっとすごくて見えないですね。

20191102_026.jpg

Honda Jetの操縦席が360°シアターになっています。これ、プレスデーにあったのかな?今日気が付きました。あれだけ隅から隅まで見たと思ったプレスデーですが結構気が付かない所があります。

20191102_038.jpg

一般公開だと展示方法も変わっている物があります。フリードクロスターはキャンプのイメージになっています。

20191102_027.jpg

NSXのブースから観客側を撮影。凄い人気です。

20191102_028.jpg

ひときは人気なのはN-VANのガチャ。今日これをやってみようと思ったけどすごい人気。あきらめました。

20191102_029.JPG

自動車ジャーナリストの河口まなぶさんがやっているYouTubeチャンネル、LOVECARS!TV!のライブ配信中です。東京モーターショー期間中はほぼ毎日2回のライブ配信をしています。毎回ゲストも登場しています。今回は山本シンヤさん。この模様はこちらからどうぞ。

20191102_030.jpg

LEXUS SENSES THEATER

20191102_031.jpg

列ができています。入場規制している様です。このように所々で入場規制や入場を一方通行にさせたりしていました。待ってでも見た方がいいと思います。

20191102_035.jpg

LCコンバーチブル

20191102_036.jpg

LCって、モーターショーで見るとおっさん車に見えるけど、街中で見ると異様に迫力あると思うのは私だけかな?コンバーチブル、カッコイイですね。開けて乗るのは若干恥ずかしいけど。

20191102_032.jpg

マツダも大人気。MX-30が人気です。

20191102_033.jpg

こんなのも展示されています。

20191102_034.jpg

プレスデーにはありませんでした。多分。

20191102_039.jpg

東京オートサロンのブースもあります。

20191102_040.jpg

これはマカオグランプリに参戦したNSX GT3。ここはTFTビル脇の駐車場。体験型のイベント場。

20191102_041.jpg

LEXUS Sports Yacht Concept 船だよね。凄い形です。何だか宇宙船みたい。さてこのまま歩いて青海会場へ行きます。ゆっくり歩いても20分くらいでしょうか。

20191102_044.jpg

あいかわらず人気のスバル レヴォーグ プロトタイプ。

20191102_042.jpg

無料シャトルバスで有明会場へ戻ります。バス待ちの列がすごかった。いったい何分待つかと思ったけどバスの台数を増やしています。これは最初からの計画なのか急遽増やしたのかわかりませんが15分ほどで乗車できました。バス自体は10分~15分くらいで有明に到着します。青海~有明を歩くとバスに乗るより早いかも。

20191102_043.jpg

今日は早めに撤退します。もっと早く帰ろうと思ったけどちょっと遅くなりました。

20191102_046.jpg

本日の歩数は18,166歩。6時間ほどいてこのくらい。今日は有明→青海を歩きましたからね。

20191102_045.jpg

丁度、スカイツリーの真上に太陽が。

今回の東京モーターショーは、豊田会長が言う様に車好きの方以外にも来てもらいたい。それは結果的に成功したように思えます。来場人数も100万人達成しそうです。一般公開日だけで言うと10日ほどですから1日10万人の来場者数です。これだけ集中して集まるイベントってなかなか無いですね。F1日本グランプリでは決勝日に10万人は超えますけど、他は思いつかないな。ディズニーランドの2018年の入園者が32,558.000人。365日の営業日なので割ると1日、89,200人。それよりも多いって事ですね。100万人を超えるモーターショーって、世界でもほぼ無いみたいです。フランクフルト、ジュネーブ、デトロイトなど皆100万人以下です。海外メーカーの参加が少なかった今回ですが「日本に出展してもな」みたいに思っている高い鼻をへし折ってやる感じで実に良かった気がします。次回の開催は2021年ですね。その時今度は東京モーターショーがどうなっているのか楽しみです。