ドローン

投稿日:

20200412_001.jpg

ドローン。最近良く聞くワードだと思います。今回取り上げるのは無線の無人航空機のドローンです。まあ、ひらたく言うラジコンですよね。先日非常事態宣言というなんともわからない宣言をしていましたが、その宣言の前後で何が変わったのか私の周りでは良くわかりません。そもそも非常事態だったし...。医療の現場なんて当然非常事態だった訳だし。医師、看護師、臨床検査技師、放射線技師...など医療従事者の皆様。新型コロナと隣り合わせの日常。本当にお疲れ様です。最終的には皆様が頼りで、私どもは生活しております。くれぐれもお身体をお大事にしてください。そんな中、我々が出来るのはなるべく医療を受けない様にすること。つまり感染予防ですね。必要以外の外出をせず、家で過ごす時間が増えたと言われていますが、そんな時に何をしよう?車を弄るのもいいですね。あと洗車もできますね。ここぞとばかりに綺麗にするのも良いですよね。話が長くなりましたが、車以外にも何かしようと思い、今回はドローンをやろうと思いました。実はドローンは初めてでは無いんです。以前に飛ばしていた事はあります。そもそもラジコンヘリコプターをやっていたので、ドローンも同じ様な物ですよね。今回は飛ばすだけではなく、空撮もちょっとだけ力を入れてみました。今回チョイスしたのはDJI MAVIC MINIです。信頼のDJIだし間違いは無いかなと。購入はオートバックスです!

ドローンは様々な法律や条例などでの取り決めがあります。その中で航空法的にMAVIC MINIは重さ199gと法律にひっかからない機種となっています。200gを超えると航空法的に縛りがでて、届け出など必要となってきます。その他法律に関しては割愛させていただきますが、MAVIC MINIは割と気軽に扱える機種ではないかなと思っています。

初飛行の印象は?「超安定飛行です」GPSと機体下部のセンサー、6軸ジャイロのおかげで機体が風に流される事もなかったです。ヘリコプターだと絶対に無理ですね。簡単に言うとヘリコプターは機体が流れたら流れていく方向とは逆に舵をあてなくてはならない。でないと流れて行きスピードが上がって行くにつれ高度が下がりやがて地面に激突する。なのでホバリング時は常に当て舵の連続ですね。一方MAVIC MINIのホバリング時はその場にMAVIC MINIがホバリングした場所に居続ける感じです。スティックを触らなければホバリングしっぱなしですね。それと私が言っているラジコンヘリはかなり前の事なのでひょっとすると今は進化していて超安定しているホバリングをするのかも知れない。

20200412_003.JPG

先日大工さんから連絡がありドローン撮影の依頼がありました。ドローン素人なのにいきなり仕事ですか。まあ、失敗するかもとの約束でやってみました。現場は母校でもある中学校の体育館の屋根です。早速飛ばしてみると屋根の一部が剥がれています。接近するとかなりの風で屋根近辺は乱気流で中々安定しません。それでもいろんな角度から撮影して仕事は無事に終了しました。それにしても素人でもここまでやれるんですね。

20200412_002.JPG

こちらは動画を編集する技術が無いのでとりあえず静止画です。画像は高度約240mくらいの景色。もう実機のヘリコプターと同じ景色です。自宅近辺は飛行禁止区域ではないので割と飛行練習しやすい。240m上げると電波も途切れ途切れになる。そのたびRTHモードがかかり帰還しようとするので本当は250mくらい上昇させましたがRTHで高度を下げちゃうんですよね。一人遊びにしては面白いドローン。練習して綺麗な映像をこれからは撮って行こうと思います。それと動画編集も勉強したいな。