iPhoneの修理をやってみた。これはヤバい!!

投稿日:

20201130_001.jpg

iPhone愛用者の中では一度や二度iPhoneを落下させた事はあるんじゃないだろうか。私も何度か不注意で落とした事はあります。大抵そんな場合の為にカバーや液晶保護ガラスなどを張り付けている人もいらっしゃるでしょう。しかしそれでも液晶を割ってしまう方はまれに居るのかな。そんなiPhoneがここにもあります。もちろんこのiPhoneは私の物ではありません。私自身はまだ液晶までは割った事無いですね。で、このiPhoneは誰の物かと言うと職場の物。激しく割れた液晶のため操作もできなく使わないで放置されていました。そこでどうせ壊れているんだしダメもとで修理をしてみました。

さすがに専用工具だけは使用してみました。それにしてもいったい何に使うんだって工具が色々あります。多分全種類使う訳じゃないんでしょうけどね。さて今回はiPhone7の修理です。iPhoneの背面に「総務省認定」って入っている歴代かっこ悪い機種ですね。まずはともかく割れた液晶をバラすのが最初の工程。分解方法はここで説明するより動画サイトで見ていただくのが一番ですのではぶきます。

ともかくこの液晶をバラすのが難関でした。やった事無いし力加減とかコツとかわからないし。まあ、ぶち壊す勢いでやったら何とか液晶がパカパカしだしたけど割れているからそこで力が分散されたみたいです。割れてないともっと簡単かもね。でも割れてなけりゃ分解もしないけど。ヒビくらいだと簡単かもしれないですね。後はバッテリー交換とか。バラした後は淡々と液晶付属のカメラやスピーカー、ホームボタンを取り外しました。で、今度は新品の液晶にそれらを移植するだけ。これは実に細かいのと接着?されたりしているので剥がすだけです。ホームボタンが剥がしずらかったのが大変で後はそれなり。

いざ組み込んで初起動。なんか起動しなかったけど何度かスイッチを押していたら無事起動できました。操作テストや通話テストしたけど大丈夫そうです。

今回初めてiPhone7をバラしてみましたが、正直これを無償でやる気にはならない。最初だからかも知れないけどめんどくさいと思った。慣れればいいんだろうけど。あと、バラして思いましたが思っていたより構造が簡単だと思います。例えばiPhoneの液晶画面側ですがネジ2本で止めてあるだけで後ははめ込んであるだけ。実に簡単な造りです。でも細かさは凄い。