ATOM CAM2

投稿日:

20210520_001.JPEG

ATOM TECよりATOM CAM2が発売されました。価格は2,980円。初期ロットは2,500円。今度は待望の防水防塵仕様(IP67防水・防塵)です。ATOM CAM(初代)で機能的には個人で防犯カメラなどとしては十分な機能だと私は思っていました。唯一難点だったのは防水。透明なカバーや箱などに入れようと思いましたが赤外線がカバーに反射し、日中は良くても夜間は見ずらい事になったりしていました。私の場合も半屋外に設置してある物もあるので防水はあったに越したことは無い状況です。実は先日うっかりカメラを水没させてしましました。すぐに気づいて排水と分解をして内部を乾燥させました。幸いにもその後無事に復旧したのでそのまま使用しています。今回はその様な心配が無いので安心です。それでは早速ATOM CAM2をチェックです。

20210520_002.JPEG

梱包内容はこんな感じで、今までとほとんど変わらない。本体をねじ止めするネジ類があらたに入っている。

20210520_003.JPEG

外観の大きさはほぼ同じ。実際には数ミリ違っています。見た感じはわからないですね。レンズ部分のブラックが多めになり格好よくなっています。初代では通気口みたいな小さな穴が開いていたりボタンなどもあったりしましたが、ATOM CAM2では穴も無くなり(スピーカーの穴は有ります。)ボタンもカバーされています。

20210520_004.JPEG

20210520_005.JPEG

背面の電源用マイクロUSBを指す部分も穴とマイクロUSBコネクタで密着させ防水性を上げている様です。残念なのはいままで背面にあったUSB-Aのコネクタを刺せる部分は廃止となりました。そのためATOM センサーも未対応となります。

設定に関しては何度も行っているので特に問題は無いのですが、一番最初に電源を入れた際は気持ち少し時間をおいてから設定した方が良いかも知れない。設定自体は問題なければ数十秒で完了します。何十秒もかかると大抵失敗です。再度やり直しです。

20210520_008.jpeg

丁度小雨が降っていたので雨の当たる場所に設置してテストです。映りとしてはちょっと変わりました。解像度も若干落ちている感じ。夜間はカラーナイトビジョンで結構明るく映ります。

20210520_006.jpg

20210520_007.jpg

赤外線をオンにすると...。何と画面上部の左右に白い物が映り込んでいる。これはあきらかに赤外線の反射です。どうゆうこと?ってなりました。当然開発段階でこんな事はわかっているはず。対処はしていると思うけど、なのにどうして反射してるのか?

赤外線の反射に関してATOM TECからメールが来ていました。どうやらレンズ周辺の材料の遮光率が設計基準に満たない物を間違えて設置されているとの事。なるほどね。ともかく原因は分かったけど、これだとファームウエアでは直せない。最低でも現品を回収し組みなおしか?って思いました。そこでATOM TECの回答としては、6月中旬に再生産品を無償提供してくれるとのこと。トラブルのある現在のATOM CAM2はそのままお使いくださいとのこと。おう、太っ腹。つまりATOM CAM2を今回4台購入したので、あと4台来るって事ですよね。

まあ、赤外線を使用できないので設置場所は限られるかも知れませんがもともと初代が5台、今回4台、6月中旬に4台。合計13台のATOM CAM体制になるって事か。さすがにそんなに設置する事も無いかも知れないけど故障した際のバックアップとしてストックしようかと思います。電源さえ確保できれば敷地内の様々な場所をモーラできるし試しに13台設置するのも面白いですね。

初期ロット10,000台は2,500円なので興味がある方は早めの注文がよさそうです。ただ納期はトラブル品の無償提供が出たので今注文しても6月下旬の納品の様です。