2021年F1トルコグランプリ

投稿日:

F1トルコグランプリが本来なら日本グランプリが開催される日にトルコにて開催されました。見に行ったかは別として日本で開催されなかった事はとても残念ですね。自工会の豊田会長が言った「五輪で許されても、四輪・二輪は許されない」とおっしゃりましたがまさにその通りかと思います。F1のライブ中継でも川井ちゃんも言ってましたし、浜島さんも「彼らはプロファッショナルで完全なバブルでやっている」これもまさにその通りですね。ご存じの通り五輪のあのずぶずぶ感、野放し状態。おそらく報道されない所ではまあいろいろあった事でしょう。恐ろしいのは五輪の送迎車が堂々と事故を起こしてそのまま逃げるってなんですかね。書類送検ってなったみたいでしたが、あれを我々がやったら逮捕されるんじゃないだろうか。

しかし、F1グランプリ、8時間耐久レース、WRCとビッグレースが全てキャンセルってね。まあ、議員さんにはなんの利益も無いレースはどうでも良いんでしょうけど。一方あの五輪の強行って凄いですよね。いや、むしろあれくらい他の事を普段から取り組んでくれると良いと思うけど。愚痴になちゃうけど車って税金かかるし、ガソリンは相変わらず二重課税だし、もっと車の事を考えてくれる議員さんて居ないのかな?車は全部EVにすればいいってわけわからん事言う方も居るのに到底無理なんでしょうかね。

話がトルコグランプリから離れちゃったけど、今回のトルコグランプリは既にニュースにもなっているしリザルトに関しては既にご存じの通りかと思います。リザルトもそうだけど角田選手はじめ、ホンダ勢の活躍は感動させられました。ここ何年ものF1はそんなのは無かったと言うかあまり記憶に残らない。そもそも人気も低迷してるよね。さすがに意地でも見ている私でさえ、某ド〇ツのメーカー&某イ〇リス人ドライバーの表彰台には面白さを感じないですからね。と言うよりつまらないよな。

しかし今は違う。あのブラックなチーム(チームの色ですよ)じゃない他のチームが勝ちだして来た。そうなると当然ですが俄然面白くなって来た。なので何年振りかF1が面白いんですよね。ただ、あのブラックなチームはやはり速いんですよね。世間では不正をやっているとか、FIAから忖度されているとかの話題が流行っている。まあ、確かに某チームやドライバーに有利な判定がされているように見えなくも無いって言えばそうですね。むしろレッ〇ブルなんて不利な事ばかりされているよね。その辺り語りだしたら大変なのでググっていただければと思います。

20211013_001.jpg

そんな中、レッドブルがなかなか粋な事をやってくれました。それは今年F1を去るレッドブルのパワーユニットサプライヤーのホンダに対して、日本グランプリで本来ならやる事だった事を今回やってくれました。レッドブルはマシンを特別カラーリング。レーシングスーツも特別カラー。しかもちょこちょこ日本語が入っている。同じくアルファタウリもリアウイングに「ありがとう」の文字入り。なんかこんなの見ると悪い気はしないですよね。しかもポイントリーダーをオールホンダで押さえつけ2人が表彰台に上がれたのは本当に良かった。

F1の残りのシーズンですが当然このままレッドブルホンダが有利にはなるはずは無いと思います。そもそも不利な事を今シーズはされまくっているし...。F1もどうにか面白く見てもらう為に色々模索しているようなんだけどスプリント予選みたいな新方式じゃなくもっと単純だと思います。一部のドライバーが連勝すると不正が無くても面白く無いです。その辺ですね。あと、訳わからないシーズン中のルール変更はやめてほしい。それとなんなのレース中のペナルティ。謎すぎる。もっとシンプルがいいですね。これからもF1ファンでいたいですから。