リモートID機器(無人航空機登録関連)

20220617_001.jpg

前記した無人航空機登録義務化ですがリモートID機器に驚きでした。リモートID機器を搭載は考えていなかったので調べなかったのですが、価格を調べたら43,000円(税込み)を超える...。これを免除される恩恵ははかりしれないです。では、6月20日までに登録しなかったドローンはと言えば、少なくとも43,000円以上の出費をし、なおかつ無人航空機の登録をしてやっと飛ばせる。つまり、某オークションやフリマなどでドローンを売っていますが、登録していない機体はリモートID積んで登録してと機体の購入代金+リモートID機器が必要となる。事実上、今売っているオークション品は買わない方が良いかどうか良く考えた方が良くないだろうか?ただ、DIJにより今後リモートID機能を搭載すると言われている機種を選べば問題ないとは思えます。主に新しい機種しか宣言されていないので古い機種は注意が必要です。もちろん購入するのも良い物もある。出品時にすでに無人航空機の登録が済んでいる物は適切な手続きを踏めばリモートID免除を継続できる。すでにその様な出品も見かけます。MAVIC MINIを安く落札したと思ってもさらに43,000円超が必要。新品買うのと変わらないですよね。でも、新品も今後はリモートIDが必要だし、お店の在庫どうするのだろう。たとえ0円で売っても43,000円超。これは大変な問題だな。まあ、室内で飛ばすなら登録も必要ないから室内で飛ばすならいいけどね。

ドローン登録システムはこちら