雨水桝(うすいます)をDIYで交換作業

投稿日:

雨水桝(うすいます)って何ぞや?あまり縁が無い言葉ですよね。戸建のオーナーなら家の敷地内に多分あるんではないかと思います。雨が雨どいを通りその先にある一時的に溜める物が雨水桝です。雨水桝から先は二通りの方法があり、そのまま土の中に浸透させるか、合併浄化槽の排水に集合させるか。私の家は合併浄化槽の排水に集合させるタイプでした。市町村で「雨水は敷地内で処理する」と言う条例みたいなのがあるようで私の町でもそう決まっているみたいです。雨どいに検査済証が貼ってあるから検査したんでしょうね。それが何で交換しないといけないの?って感じですよね。たまたま雨どいが詰まってしまってなんで詰まってしまったのかと言うとどうやら雨水桝に土砂が詰まり、それがどんどん雨どいを詰まらせいった感じです。雨が行くところがなく雨どいからあふれる...。しばらくほっておいたけどリフォームを機会に雨どいを綺麗にしたので雨水桝も整備することにしました。最初は既存の雨水桝を再利用しようとしましたがコンクリート製だったので傷みが激しく雨水桝の底が抜けてしまっている物もありました。何とか補修するかと考えましたが、ここまでくると取り替えの方が早い。しかもプラスチック製もある。作業のしやすさから今回はプラスチック製の雨水桝(タキロンシーアイ製)に交換することにしました。ともかくド素人なので果たしてこの方法が合っているのかは分かりません。あくまでも自分の健忘録です。

20190324_001.jpg

既存の雨水桝を取り去った所です。画像の向かって右が雨どいから来ているパイプで雨が排出される。上側は次の雨水桝へ伸びているパイプです。この二つを雨水桝に接続する。簡単そうに見えますがパイプは固定されているので結構雨水桝を接続するのは難しいです。全て掘り返しパイプが動くなら結構楽かも知れませんが掘り返すのは大変。

20190324_002.jpg

実際に雨水桝をセットしイメージをつかみます。やり方がわからないけどほぼ目分量で穴あけします。穴の底は角材で叩いて押し固めましたが、コンクリート製の雨水桝に比べるととても軽いのでそれほど気にしなくてもいいのかと。雨が溜まったら少しは重くなるけどコンクリート製に比べればはるかに軽いかも。

20190324_003.jpg

今回は穴あけのために自在錐(じざいきり)を使用します。大体見た感じでわかるかと思いますが刃の位置を変えるだけで好きな大きさの穴をあける事ができます。実に有能な錐。大工さん曰く、「手を持っていかれる」らしいので慎重にやります。今回はドリルがそれほどパワーが無いので刃が噛む事はあったけどケガをするまでは無かった。でも慎重に作業はしないと危ないです。

20190324_004.jpg

穴あけ完了。自在錐が無いと穴をあける作業だけでかなりかかります。これだと数分で穴をあけられます。バリは簡単にヤスリで処理します。ジグソーでも穴あけは出来なくも無いですが自在錐の方が作業性は良いかと。

20190324_005.jpg

穴にパッキンを装着しパイプを通します。もう少しパイプをセンターに通すべきでしたがまあいいでしょう。最初にやった場所なので下手くそです。ちなみに底にパイプを設置しないのは泥溜めの為です。なので泥が溜まったら定期的に取ってあげなくてはいけないんですね。

20190324_006.jpg

雨水桝は全部で4ヶ所。ここが最後の4ヶ所目。さすがに数をこなすと多少は上手に設置できる様になる。で、ここは今までとは違ってパイプが集合する場所。3本が集合し、大きめのパイプ1ヶ所が排水です。それとこの最終の雨水桝は深いです。慣れたとはいえこの4本を雨水桝に何とか接続するってのもクリアランス的にほぼ不可能。わりとパイプ部の遊びがあるから大丈夫じゃね?の様に見えますが実際はほぼ遊びは無くとても接続は大変。全部掘り返しパイプが自由に動けば簡単かも。すでに埋まっているパイプを利用するのはとても大変です。

20190324_007.jpg

接続本数を減らすため2本を雨水枡手前で集合させます。ここで分かったのですが既存のパイプは一度切ってから穴あけした所に挿入し既存のパイプと再接続する方が楽だとわかりました。初めに気付けば楽だったのに...。それとこの最終の雨水桝は深さもあるんです。こんなに深くていいのか分からないけど30cmマスとかさ上げ30cmと20cmを接続しました。これで地面と面一かなと。まあ、他の雨水桝からパイプで接続されているのでここが一番低いのはわかります。なのでここの雨水桝の深さは接続パイプより15cm下を雨水枡の底にしています。前記しましたが泥溜めのため15cmを残します。そんな状態でセットしていくとこの深さになってしまいました。最後に実際水を入れてみます。末端の雨水桝に水を溜めさらに給水すると次の雨水桝へ。そして最終の雨水桝へと水が流れました。機能としてはこれで良しかと。水を給水しても水はあふれることなく流れていいます。ゲリラ豪雨や台風の時は追いつくのか分からないけど以前よりはましかなと思います。この後、雨水桝同士を接続しているパイプの洗浄作業もしました。やはり泥などが付着し流れが阻害されますので。今回のDIYは分からない分野なので結構大変でした。今でもこれでいいのか?と思います。でも、見た目はバッチリです。機能的にも何とかOKっぽい。何より雨どいからの溢れが無いのは良いですね。